国内損保がミャンマーで保険販売。相次ぐ海外進出。

損保業界も国内だけではマーケット的に既に飽和状態なため、各保険会社は海外進出の機会を窺っていると思います。

今回、ミャンマーで損害保険ジャパン日本興亜が経済特区内に限定した保険営業免許を交付されました。
ミャンマーが社会主義政権発足後、海外の保険会社に営業免許を交付するのは初めてということで、記念すべき第1号取得者というのは素晴らしいことだと思います。
営業免許交付にあたっては、軍政時代の1995年に駐在員事務所を開設したことが評価されたようです。
他社に先行して事務所を開設し、情報収集等もしていたことが報われた形ですよね。

画期的な新商品開発や新市場開拓等で先駆者となった場合、その会社の強みになることが多いと思います。
また、その市場でのシェア率が高くなることも多いと思われます。
他社も免許申請をしているので、ミャンマーの保険市場へ参入していく会社は増えていき、競争は激化していくでしょう。
企業は、先駆者という地位に甘んじることなく、更なる企業努力をしていくことも大切なのではないでしょうか。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

ミャンマー保険市場開放 損保ジャパンが第1号

(日経新聞より)

ミャンマー政府は25日、損害保険ジャパン日本興亜に同国経済特区内に限定した保険営業免許を交付した。1962年の社会主義政権発足後ミャンマーで海外の保険会社が営業免許を取得するのは初めて。

損保ジャパン日本興亜は軍政時代の1995年、駐在員事務所を開設。情報収集を進めてきた。まずティラワに進出した日系製造業に火災保険などを販売する方針。
将来的に自動車保険の販売も検討する。

東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険も免許交付を申請済み。太陽生
命保険も免許申請を検討している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA