2015年の保険調査結果から考えられること

マイボイスコム株式会社が2015年12月1日から5日にかけて、アンケートモニター1万960名を対象に実施した医療保険に関する調査結果によると、医療保険の加入率は70.3%に達していたようです。本記事の筆者は、独立系FPですが保険調査結果の全体を一言で表すのならば「予想通り」です。

多くの人が求めている医療保険の重視事項は、保険料の安さや保障の充実といった部分がやはり多く、筆者自身も相談者とのヒアリングにおいてどちらかが必ずあてはまる結果となっております。興味深い結果だったのは、保険見直し本舗が実施した「保険に関する意識調査」の結果です。

この調査の中で「保険に関する不安や不満があるか」といった調査結果が、「あまりない」33.0%、「ない」19.8%で合わせて52.8%が保険に関する不安や不満がないという結果になっており、筆者は正直もっと多い結果を予想しておりました。

昨今、生命保険の販売チャネルが大きく変化していることやFPといった専門家からの相談アドバイスや提案を受けて生命保険を選ぶ流れも構築されている理由などから、保険に関する不安や不満が減少しているのかもしれません。専門家としては、ぜひそうであって欲しいといった願いも込めてみました。

専門家である筆者も複数の生命保険に加入しておりますが、1つはっきりと申し上げられることは、すべての保障を完璧にこなせる生命保険は経済的に加入するのが難しいといったことを伝えておきたいと思います。無駄な部分を削って必要な部分を加える保険見直しは大切であり、少々の不安があっても、せめて不満のない生命保険には加入しておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA