保険業法改正で、保険販売者による競争が進む予想

5月29日に改正保険業法が施行されます。
それを受け、保険会社各社はその対応に追われています。
今回の改正保険業法は、保険ショップなどの代理店に適正な商品販売を求めるものになっており、代理店に対する要求はかなり多くなっています。
しかし、実際に商品を選択する顧客がどれくらい理解して、自分に合った商品を選択できる力を備えているかも問題になってくるのではないでしょうか。

今回の改正の主な柱のうち、アンケートなどで顧客の意向を正確に把握するに関しては、従来もアンケートなどを実施し、面談などで意向確認をしています。これに関しては、あまり問題はないと個人的には思っています。

加入を判断するために必要な情報提供を義務づけるに関しては、その代理店が取り扱っている保険会社の商品で同内容のものがあれば全て情報提供することになります。代理店が絞って商品を絞って案内する場合には、何故そのように絞って案内をするのかまで説明する必要が生じます。保険ショップなど複数の保険会社の商品を扱う代理店にとっては、1人の顧客に対する商品説明がかなりの量になることが予想されます。
また、顧客にとっても、情報過多になり、逆に判断がつきにくくなることも考えられます。
特殊な商品や特約を扱っていれば別ですが、同じような保険商品であれば、保険会社によっての差はそれほど大きなものではないと思います。

顧客情報の適切な取り扱いなどの社内体制の整備は、個人情報保護法の関連もありますから、これは大切なことだと思います。
特に保険会社は顧客の機微情報を扱っていますから、情報流出などがあった場合には大きな問題にもなりますので、徹底して欲しいと思います。

いずれにせよ、今回の改正は顧客にとっては安心に繋がる良い内容だと思います。
保険業界的には、競争が激しくなることが予想されます。
異業種からの参入も加速されるようですが、保険ショップも既にかなりの数になっており、生き残り合戦になるかもしれません。

29日に改正保険業法施行 契約者ニーズ把握など要求

 29日に施行する改正保険業法は保険ショップなどの代理店に適正な商品販売を求めるものだ。(1)アンケートなどで顧客の意向を正確に把握する(2)加入を判断するために必要な情報提供を義務づける(3)顧客情報の適切な取り扱いなど社内体制を整備する――ことなどが柱。複数の保険会社の商品を扱う場合、顧客の意向に沿った商品の提案や推奨理由の明示も義務づける。

 さらに15社以上の保険商品を提供するか、手数料や報酬などが年10億円以上の「特定保険募集人」に当たる代理店には手数料の開示も求める。その際に収入源が特定の保険会社に偏っていれば、中立性に疑問があると見なされる可能性がある。「透明性の向上で手数料の引き下げ圧力が強まる」(ニッセイ基礎研究所の井上智紀・准主任研究員)効果も見込める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA