保険会社での人工知能(AI)の活用が広がっています。東京海上日動社の例。

東京海上日動火災保険が2月より個人の保険の契約者からの手書きの書類を人工知能(AI)を使用して処理する新システムを導入します。
AIを顧客からのデータ処理に使用するのは損保業界初です。
AIを使用することにより、業務の効率化、早期保険金支払いに繋がると良いと思います。

事故受付はがきや保険金請求書類のデータ処理が対象で、担当者が入力するよりも1件当たりの処理時間が50%短縮できるというのには驚きます。
一方で、氏名や電話番号の正確な判読率が9割以上という数字が高いのかはわかりませんが、これを間違えてしまいますと支払などにも支障が出てしまうので更なる正確性が求められると思います。
しかし、担当者によりも1件当たりの処理時間が50%短縮はかなり評価できると思います。
事故対応や保険金支払いは迅速な処理が求められるからです。

正確性が確認でき、スピードアップが確認できればAI活用は他の方面にも広がっていくのではないでしょうか。
効率化されていくのは良いことだとは思いますが、それだけ人手がいらなくなってくるということにもなります。
余剰人員が生まれることも考えられ、その人員をいかに活かせるかが企業の成長にも繋がっていくのではないでしょうか。

東京海上日動火災保険では、手書きの書類が年間約170万件にも上り、担当者が専用端末で入力を行っていましたが、手書きの書類には判読できないため入力ミスや確認作業に時間がかかるという問題がありました。
また、大型連休や大規模災害の後には書類が集中して提出されるため、処理時間がかかり支払いが遅れるという問題もありました。
しかし、AIを導入すればこの問題は軽減されることが期待されます。

人間の集中力には限界がありますが、AIでしたら淡々と作業が進められていき効率良く処理されていきますし、ケアレスミスを防ぐことにもなります。
担当者による入力ミスや判読ミスとAIの正解率9割ではどちらの精度がいいかと言う問題は気になるところですが、入力の手間が省け、チェック機能がしっかりしていればカバーはできると思います。
いずれにせよ、事故対応と保険金の支払いが迅速化されることは、契約者にとって良いことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA