パワハラ・セクハラに保険で備える!自分の身は自分で守ろう!

セクハラ・パワハラ保険と聞くとみなさんはどのようなイメージを持ちますか?
企業が備える保険と思っている方も多いかもしれません。

しかし、今は企業だけでなく、働く個人がハラスメント対策として保険を活用することが出来るのです。
今回記事で解説していくのは、エール少額短期保険の「弁護士保険コモンLite」です。

裁判でも争われているパワハラ・セクハラ問題

ハラスメントとは、人を困らせる事、嫌がらせの事を言います。
その種類は多岐に渡り、最近話題となっているのが、
・パワーハラスメント(パワハラ)
・セクシャルハラスメント(セクハラ)
・マタニティーハラスメント(マタハラ)

などです。

パワハラに関しては、肉体的及び精神的な苦痛から離職に追い込まれたり、自ら命を絶ってしまうというニュースが後を絶ちません。
またセクハラでも、2015年2月に最高裁で男性管理職2人に対し女性への「性的言動」を「セクハラ発言」と認定して、出勤停止とした処分の適否が争われました。

セクハラに関して最高裁まで争われるのは珍しいケースでしたが、企業側の対応は適切だったとし、セクハラを行った男性管理職が敗訴しています。
IT化、グローバル化が進み、働き方も多様化してきて、その中で働く人々の問題が表面化してきていると言えます。

エール少額短期保険「弁護士保険コモンLife」とは

パワハラ、セクハラの被害者には誰もがなる可能性があります。そんな時に自分の身を守れるのは自分しかいません。

いざという時に役に立つのが保険です。
エール少額短期保険の「弁護士保険コモンLite」では、弁護士への相談や実際に弁護士に依頼する時の法務費用などの補償が受けられます。
エール少額短期保険の「弁護士保険コモンLife」

実は私も以前働いていた会社で雇用の問題があり、弁護士相談に行った事があるのですが、弁護士事務所というだけで敷居が高く感じたり、どのくらいの費用がかかるのか分からずに二の足を踏んでしまう事もありました

弁護士保険コモンLiteに入っておけば、気軽に相談が出来て、費用面の心配もありません。月額1,080円から加入出来るので、保険料もお手軽ですね。

またハラスメントだけでなく、支払い対象となるのは
・離婚問題
・近隣問題
・欠陥住宅
・医療過誤
・金銭商品問題
など、多岐に渡ります。
誰もが被害者となり得る問題に対応した保険なのです。

企業側、被害者側、どちらも備えをしておくことが大切

ハラスメントに関しては、個人だけでなく企業側でも備えが必要です。
企業側では「雇用慣行賠償責任保険」という保険で備える事が可能です。

表沙汰になるハラスメント問題で良く聞くのが、加害者側にハラスメント行為を行なっている意識がないということです。
また、被害者の多くが何も出来ないでいるというのが現状です。

ハラスメント行為は予防していく事が一番の対策ではありますが、起こってしまった事に対しては、金銭的に保険をかけておく事で企業側はイメージや収入ダウンを避けられます。
【パワハラ・セクハラ保険】会社の雇用問題に備える雇用慣行賠償責任保険

逆に働く人は、「弁護士保険コモンLite」のような保険をかける事で相談先を用意し、いざという時に金銭的にも補償しておくと心の支えにも生活の支えにもなるでしょう。

自分には関係のない事だと思わずに、誰もが当事者意識を持って、働く環境を考えていく事が大切です。
今一度自分のことを振り返って考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA